fuck you^-^
<< 無題 | TOP | だりぃ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
無題2
おはー
いつもブログを読んでくれてるみんなーありがとー
みんな元気かなー?

とまぁ「お母さんといっしょ」に出てくるお兄さん張りの
爽やかな挨拶してみたんだがおまいらもどうだい?
吐き気がするよ?(藁

本題。
今日は皆さんにお詫びをしなければなりません。
俺が先輩の格言と信じきっていた
「明日出来ることは今日やらんでええ」
はなんと中島らも(ちょい前に階段でこけて死んだおまぬけさん)さんの
言葉だと判明しました_| ̄|○
まぁどちらにしてもいい言葉なんで中島らものようなオIL奴になるために
人生先送りしたい方は是非墨で書いて壁にでも。

で、ある方からマダーといわれたのでビバリーヒ○ズ高校白書続き。
前回が俺の記憶にも無いくらい前すぎるのであらすじ付きで。

<これまでのあらすじ>
電車で視姦するだけの日々だったヲタクな少年S君(漏れ)はある女の子(A
ちゃん)に目をつけて…とうとうやっちゃいます。
(これまでの話しが台無しだとかいわないでね¥kv)

てかーめんどくさいんで最後コピペ

俺の心臓はマックスで鼓動を刻んでる中、その子もそろそろ降りてちょっと歩き始めた後を追いかけて
「ごめん、ちょっと」
「えっ」
振り返る彼女(つづく

つづき)
ひとまず彼女を足止めした上で周りのお客さんが徐々に去っていくのを
見ながら(とてもじゃないが周りに人がいる状態で話しできない)
声かけた瞬間真っ白になった自分を立て直した。
人がいなくなってから
S(漏れ)「いきなりごめん」
A(相手)「(無言)」
S「あの、あの、実は気づいてないかもしれませんが、実は電車でで
 見てて…」
S「えっと、その、あの」
S「よかったら知り合いになってくれません?」
A「(無言)」
S「(無言)」

このときの無言状態は未だに忘れられません。
多分1分も無かったのかもしれませんが、いつまでたっても何も
言ってくれない相手に「ああもうダメだ…」「もうこの電車のれねぇ…」
とか色々考えて一刻も早くその場から立ち去りたくなったんですが、
その時の相手の顔も忘れられません。
なんか赤面というか完全にびびっちゃってて…。
しかしそこは粘着ストーカーの本領を発揮?して粘ります。

S「あの」
S「あの、名前と電話番号教えてもらえませんか?」
A「(無言)」
S「(無言)」

多分こんなにきちんと言えたとは思えないんですが文章力なくて
すみません。で、もう「しゅーりょー」とか思って「すみませんでした」
とかいって帰ろうと思ったんですが既に固形物かと思われるほどの
粘着質な漏れは

S「こ、これに書いてください」
と準備してなかったんでごそごそとかばんを漁り、取り出した汚い紙と
鉛筆を無理やり手渡して
A「は、はい…」
とやっと一言目を言わせたのでした。
で、書いてもらっただけで
S「ありがとう、電話します。本当に本当にすみませんでした」
と言って逃げるように帰ったのでした…。

で、その次の日の夜に電話したわけです。(つづく

P.S.わしくんから突っ込みあったんで一応。
当時携帯電話なんてないッッッ
当然家電ですよ
19:29 | 雑記 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
19:29 | - | - | -
コメント
つづき つづき ( ・(エ)・)
2004/09/04 12:14 PM by ヴェイル
あしあとぺったんこ

れむばくんとこからとんできましたよっ
2004/09/04 9:05 PM by Geiz
続きはもうちょい待って
長くてだるい('A`)

あしあとありが
2004/09/05 1:12 AM by しゃ
続きはああああああああ(゜ロ゜*)?!
寝られないっす!!
2004/09/05 1:24 AM by 涙。
明日書きます。
多分('A`)
2004/09/06 3:11 AM by しゃ
ひゃー(・x・)エロィー
2004/09/06 10:19 AM by nanase
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://quad.jugem.jp/trackback/17
トラックバック